• ホーム
  • ストレスや睡眠時間と発毛の関係性

ストレスや睡眠時間と発毛の関係性

櫛を持っている男性

最近、抜け毛や薄毛が気になってきたという場合には、日頃の生活習慣をもう一度見直しをしてみる必要があります。
抜け毛が増えてしまう原因として、まず、毎日のヘアケアが間違っている可能性もあります。
頭皮を清潔に保つことは大切ですが、シャンプーを1日に2回も行って、頭皮が乾燥してしまうと角質が固くなってしまい、かえって皮脂の分泌異常を引き起こしてしまい、脱毛に繋がってしまう恐れがあります。
シャンプーは、1日1回までにし、洗髪後にはきちんと乾かすようにしましょう。
また、喫煙や過度のアルコールの摂取、野菜不足や脂質の多い食品や刺激物を食べ過ぎるなど、し好品や食生活の乱れも、髪の毛の成長に大きく影響していまいますし、ストレスや心的不安が長期間継続することも、脱毛を促進させてしまう原因となります。
「ストレスが続くと抜け毛が増える」というのは単なる迷信ではなく、ストレスによって毛髪の成長が止まってしまうことは、臨床実験でも確認されている事実です。
日常のストレスをしっかり解消させるためには、生活の中に軽めのジョギングや散歩などの適度な運動を取り入れ、夜更かしを避けて、しっかり睡眠を取ることが大切です。
毎日の睡眠をしっかりと取ることは、身体を正常な状態に保ち、ストレスの溜まりにくい体を作ることができますので、髪の毛を発毛させて健やかに育てるためには、とても大切なことであるとされています。
とくに、男性ホルモンの分泌が最も活発になるのは、夜の22時~深夜2時の間であると言われていますので、この時間には、しっかり睡眠が取れるような生活習慣を身につけて、細胞分裂と新陳代謝を助け、健康な髪を作ることを心掛けるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧