髪の毛で悩んでいる男性

何事にも結果が出ていることはモチベーションにも繋がります。
それはAGAにおいても同じになるでしょう。
発毛を求めるような状況というのは、頭皮が薄くなっていることを意味しますので、やはり生えていることはモチベーションアップに繋がります。
AGAは男性ホルモンの影響を受けて薄毛になり、その原因を取り除くためにフィナステリドという成分(例えばプロペシアなどの治療薬が有名です)が使われますが、あくまでも抜け毛を予防し、育毛効果があるだけですので、頭髪の本数を増やすことは残念ながらできません。
よって薄く本数が少ないのであれば発毛が必要になることから、その結果が出ているというのは、とてつもないモチベーションアップになるでしょう。
問題は発毛剤になります。
いままでは塩化カルプロニウムを用いて、血管を拡張し、頭皮に血流を促進する効果を期待し、発毛へのアプローチを試みていましたが、現在はミノキシジルを使用するのが主流になっています。
塩化カルプロニウム と同じ作用を働きますが、ミノキシジルには毛周期を整える効果もあるのです。
AGAで悩んでいる人の多くが、基本的な毛周期ではないことが多いです。
抜けた毛根というのは、休止期になっていることが多く、それが原因で頭髪が生えてきません。
ミノキシジルには毛周期を整える効果があり、休止期になった毛乳頭を再び目を覚まさせて成長期移行させる効果もあります。
効果的な発毛を期待することができるでしょう。
ただミノキシジルは初めて使い始めた場合、初期脱毛が起きることが多いです。
個人差はありますが、びっくりするほど抜けてしまうことがありますが、最初だけですので安心してください。
モチベーションが落ちてしまう原因になりますが、医薬品が効果を示している証拠でもありますので我慢が必要です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ